オレのガーデニンググッズ

使っている園芸用品を紹介します



太枝が切れるハサミを買いました。2020年10月。
カインズホームで2,980円。

長いタイプも欲しかったけど値段が高いのでまずはこのサイズから使ってみる事にした。

カインズブランドでアルミ製のため軽い。

肝心の切れ味だが、ツツジの2〜3cm太さの枝を切った。余裕だった。 4cmの枝が切れるという話だが、いきなり破損しても困るので少しづつ様子見でいこう

金属製の熊手を買いました。2020年4月。
伸縮式のスライドガーデンレーキです。だいたい1,500円。

ずーっと竹の熊手で芝のサッチングをしてきたが、やっぱり竹は当然ながら傷みが早い。 落ち葉掃除ぐらいなら問題ないけど芝の隙間からカスを取り除く作業ではある程度の強度が要る。

サッチング専用の道具も売ってるけど、これを買っても一時期しか使わないし高いし勿体ないと思っていた。

そこで見つけたのがこの金属製で柄の長さも変えられて、横の広がりも調節できるタイプ。 ツメ先が丸く加工してあって芝に優しい。シマホで購入

ほぼ同じ場所で園芸作業を長時間やる時にはこの折りたたみ椅子が役に立ちます。

中腰や、しゃがんだ態勢では体が痛くなるので絶対にあった方がいい。

今まで何かの貰い物を使ってましたが座面の縫い糸が切れて壊れました。 2020年4月、急いでドンキで買ってきました。
398円。

2019年に剪定ばさみを買い替え。

少し太い枝を切るハサミが調子悪くなったので買い替える

ロックの解除が強く握るだけという使いやすさがある。

ホームセンターで1,300円くらいだった。
腰バンドの袋に挿しておくのだが、意外にサイズがデカくて挿しにくい。でもこのまま使う
ロングタイプの草抜き。

2018年11月に買う。下の芝カッターポールと同様に「立ったままシリーズ」である。もう足腰がね・・・

しゃがまずに草抜きができる以外に、木が邪魔で草抜きできないような場所にも届くので隅々まで草抜きが可能。 先端の形状が絶妙。1,000円くらいだった。
2018/5購入。
芝カッターに付けるポールです。

しゃがんで芝を刈るのは体に負担がかかるため高いけど思い切ってポール&スライダセットを買いました。

NationalのバリカンにRYOBIのポールが合うかよく研究しネット通販で安く購入。それでも7500円位した。

何とか使えそうなので良かった。これで立ったまま刈れる。
長年使用した高枝切りばさみを買い替えました。

もう切れ味も悪くなってたし、今までのは2本の棒を継ぎ足してやるタイプで、 長さ調節もできなくて結構不便だった。

ノコ刃の付いたタイプ。価格は3〜4千円くらいだったと思う
2017.1 カインズホームで箱付きホースリールに買い替えました

前回の2009年に買ったペダル巻き取り式もカインズで買ったのだが 2016年の大晦日に洗車しようとホースを引き出したらポキっと折れました。

もうホース形状が丸く固まってしまい、限界だったようです。
2980円で購入
お気に入りの高枝切りバサミです。

この2本を連結するタイプで、長さの調節やノコギリとかできません。

皮膚が弱くなって、夏場は虫が多くて切れなくなりましたが、 虫(蚊)の少ない春と秋に庭の木の枝を切まくっています。

むかし親父が買った物らしいのですが手首が痛くてできないというので、 オレが切り始めたらストレス解消になって楽しいです。
これは片手用のすきクワです。
芝生が踏み固められたりすると、次の年に芝の生育が悪くなります。 そこで、こういう「すきクワ」で芝のスキマを耕し、 同時に根に刺激と空間を与えることによって成長がよくなります。
種まき前にコレで芝生の土を柔らかくしておきます。 忍者熊手よりも柄が長いので力が入ります。
2008年芝カッター購入しました。
それまで、トヨトミのバリカンを持ってたけど切れ味が悪くなり、 替え刃も売ってないので、ナショナルの360度ロータリー式のカッターを購入。とても便利! どっちに動かしても刈れる。
音はけっこう騒々しいです。手入れは専用のオイルを付けて「芝のヤニ」を拭き取る。けっこうタイヘン。
忍者熊手というスグレ物。
熊手よりも強力に芝のスキマを引っかく事ができる。かなり芝にダメージを与える事も確かだが、 ゴミやカスがよく取れる。先が尖っているので力もほとんど要らない。便利なグッズだ。 もっと高級になるとメッシュになっており、サッチをすくって捨てるチリトリにもなるタイプもある。 しかし錆びてしまいもう持っていません。
これが 西洋芝のタネです。
今は缶入りでいろんな種類が混合されたものを ホームセンターなどで安く売っています。 オレが住んでいる横須賀では1つの品種にすると夏に全滅する恐れがあるので、混合タネがいいようです。
2005年秋に蒔いたのはサカタのタネの1リッター缶。
芝の芽土。目土とも言うようですが、これを季節の変わり目に芝の上にまく。
種まきした後にもまく。
排水性がよく芝がよく育ちます。
レーキです。
つまりホームセンターで売ってる安い竹製の熊手です

これがあれば十分だと思ってましたが、芝の世話でサッチングする時には金属製またはプラスチック製のが欲しいです。
芝をスパイクするための道具です。

エアレーションといって、 芝の中に空気を入れてやるのと、根を切断する事で刺激を与え、成長を促す作用があります。 足で踏んでブスブスと突き刺していきます。けっこう疲れます。
芝刈りバサミです
片手で使うタイプ。塀際など、 刈りにくい所を手軽にこれで切ってやります。
ずーっとやってると片腕が筋肉痛になります。かといって 左手に持ちかえると、恐ろしく使いにくいです。刃の動き方が右利き用なのです。
トヨトミの電動の芝刈りバサミです
上の片手バサミ同様、塀際などを刈るのに便利ですが、ちょっと幅が狭い。 それに切れ味も落ちてきた。カタカタと音がうるさいです。

新しいカッターに買い替えたので今はサツキなど、植木の剪定用に使用しています。刃の1本が折れました。
手押し式のロータリーカッターです。コレも研ぎ屋さんに研いでもらいました。 ガラガラとうるさいです。芝の切りカスが取れるのはいいのですが、ロータリー式は、 よほど切れ味が良くないと芝生を傷めるそうです。なのであまり気が進みません。もう処分してもらいました
これはフツーの芝刈りバサミです。手押しの芝刈り機が入らないような 狭い所はコレで刈るとキレイに揃います。たまに研ぎ屋さんに研いでもらいます。
オレはコレが一番好きかな...
雑草を抜くための道具です。
金属製の3本の細い棒が雑草の周りに刺さり、 コレをクルクル回すと根っ子が切れてウマイ事抜けるんです。

その名もそのまま「抜けるんですミニ」という商品。 比較的でっかい雑草に適している感じがします。小さい雑草はピンセットで抜きます
オレの強い味方。万能トング。
ステンレス製です。先がギザギザになっていて 何にでもつかえる。
例えば、落ち葉を拾ったり、 雑草を抜いたり、コケを削いだり、小石を掴んだり、とても器用。 軍手をしてる時には葉っぱが付くのでトングに限ります。